開業資金を調達する場合メガバンクと地方銀行の大きな違いは

メガバンクと地方銀行、開業資金の融資を受けるときの違いは?

会社勤めから起業して事業主に

現在の日本は芸木の先行きも怪しく景況感がなかなか上がらない状況にありますが、そんな中でも自分で起業して事業主に間労としている方々も急増していると聞きます。
大きな事情としては会社員としての未来を悲観する方がどうせなら自分の手で現状を打開し、事業としてやっていこうと考える方の数が増えたこと、又サラリーマン時代から明確に目的を持ち計画を温めていた方が商機と見て計画を実行に移したといった内容が多いのではないかと思います。
しかし事業を始める上で一番肝心なことは開業資金の調達の問題です。
資金がなくてはいくら計画が良くても実行には程遠いですし、採取から信用を得ることは出来ない相談です。
ということは誰でもどこからか融資を受ける必要が出てくるのです。
融資を受けるに当たっては銀行筋に依頼をするのが一般的に多いと思いますが、いわゆるメガバンクに融資を頼むのか、小回りの利く地方銀行に融資を頼むのかでは結構大きな違いがあると聞きます。
メガバンクは文字通り規模が大きいので都市圏でのビジネスには有効だが地方に関しては弱いという点もあります。
逆に地方銀行は地域に密接した関係を築けるので地方ビジネスには強みがあるのが良い点でしょう。
まずメガバンクに関しては年商が高くないと融資の相談すら相手にしてくれません。
ここが一番ハードルの高い理由です。
しかし地方銀行では小額資金でも融資の検討ができます。
このサイトではメガバンクと地方銀行の融資の違いについて調べてみたいと思います。

おすすめリンク

名古屋で資金調達に困ったら

日々の経営の中で資金調達が必要になった時に役立つ、名古屋での資金調達方法についてまとめました。

トップへ