開業資金を調達する場合メガバンクと地方銀行の大きな違いは

>

開業に当たっての資金融資は銀行によって違うのか

不景気のなか自立して独立開業を

最近は景気の動向も思わしくなく、国の政策も八方塞といった状況の中自分で起業をして経営者になろうという人たちが増えています。
大きな理由としては勤め人として働いても将来が見えない現在の状況を打破するために自分で起業を行って成功しようとしている人たちが増加したこと、また勤めているころから独立を志し機が熟したと考えている人たちが起業に踏み切りだしているということが一番の要因になっているかと考えます。
さらに共同で事業が出来る仲間を集って独立する人も多いですね。
特に先の見えない日本経済においてチャレンジの根を張っている人たちの以下に多いことかと実感させられます。
ハイリスクハイリターンな行動ではありますが、成功さえすれば見返りは大きいものがあります。

他者に使われるより自分で起業の方が良い

日本という国ではまだまだ根付いていない思考ですが、他人に頼るよりは自分で何かを立ち上げるという行為は外国では決して珍しい事ではありません。
近年の働き方の変化によって会社員の意識も大きく変わりだし、勤め人から独立志向が年々高まってきており、またインターネットビジネスの一般化によって個人や小規模な組織でも参入が容易になったことも大きな要因といえるでしょう。
総じて見るとインターネット業界に参入する企業化の数がここ数年大きく目だっており、少ない年数で軌道に乗せている経営者が目立つのも大きな特徴といえます。
しかしハイリスクハイリターンの名前どおり、あっという間に消えていく起業家も少なくないのが現状です。


この記事をシェアする

トップへ