開業資金を調達する場合メガバンクと地方銀行の大きな違いは

>

開業をする際に必要となる資金調達の重要性

起業するためには開業資金が必要

しかし単純に起業するといっても資金がなくては開業どころか独立も出来ません。
ある程度個人で準備をしてきた人でも資金的に見れば開業からは程遠く、やはりどこからか資金を調達しなくてはなりません。
融資を受ける対象としてはやはり銀行筋が一般的かと思いますが、どこに資金繰りをお願いするかで貸す側の対応はかなり異なります。
まず個人としてどのくらいのキャリアとスキルを持っているかが問われます。
会社員の脱サラの場合最低でも6年以上の勤続年数を満たさない人はほぼどこも貸してくれないでしょう。
そして自己資金をどのくらい用意しているかも大きな条件です。
おそらく自己資金の2倍までしか銀行は融資しないと考えられますので自己資金の調達が基本になってきます。

どこからか融資を受けなくてはいけない

しかしどこからか融資は受けないと開業はムリといえますので銀行がムリな場合は日本政策金融公庫なども融資の対象としてあげられます。
しかしハードルが高いのはどこも同じで沿う簡単には融資はしてくれません。
有利に融資を進めるためにはとにかく開業までにお金をため続けるしかないのです。
日本政策金融公庫の場合などではまず半年分の通帳を見せることを要求されます。
そこで50~100万円の貯蓄があったとしたら融資の確立は上がってきます。
どちらにしても自己資金ゼロでは融資はほぼ受けられないものといって良いでしょう。
とにかく会社員でいる間にお金を貯めてためまくることです。
半年は何もかも犠牲にして100万円を最低作りましょう。
そこからすべてがスタートしていきます。


この記事をシェアする

トップへ