開業資金を調達する場合メガバンクと地方銀行の大きな違いは

>

メガバンクと地方銀行で開業資金の融資を受ける際の違いは

融資を受ける先としての銀行の存在

そして融資を受ける際に確認しないといけないのがどの銀行から融資を受けることが出来るのかということです。
銀行と一口に言っても様々な形態の銀行が存在しハードルの高さもいろいろです。
ただ個人開業者に融資を行う場合、どの銀行も慎重に審査をします。
理由は貸し倒れになるのを銀行は一番嫌うからです。
特にハイリスクハイリターンのイメージが強い個人業者には特に審査は厳しくなります。
そこで必要になってくるのが一円でも多い自己資金と会社員時代のスキルの高さなのです。
とにかく個人資金をある程度用意しましょう。
資金ゼロで融資に望むのは負け戦に等しいですので最低100万円は自己資金を用意しましょう。
これで十分ということはありません。

メガバンクと地方銀行の融資の際の違いとは

融資を受ける際の銀行を選ぶポイントですがメガバンクと都市銀行ではメリットの違いはどこにあるのでしょうか。
メガバンクはご存知の通り全国に始点を展開している大規模な銀行のことです。
利点は都市部には全国ほとんど展開していることで、デメリットとなるには地方の地域には空白地帯があることです。
逆に地方銀行は全国展開はしていないですが地方の場合には小回りが利きます。
これらを考えると都市部で事業展開をしたい、あるいはネットビジネスをという場合はメガバンクのほうが何かと使えるといえるでしょう。
逆に地方でのビジネスを考える場合には地方銀行のほうが小回りが利き便利です。
ただしメガバンクは融資の個人資金や年商へのハードルが高いので十分注意が必要です。
そういう意味では地方銀行のほうが融資は利用しやすいといえますね。
賢い使い分けをして開業資金を調達しましょう。


この記事をシェアする

トップへ